クリアシリーズ使い心地レポ!


実際にクリアシリーズを使ってみた感想を書きたいとおもいます!

まず、クリアシリーズにはさっぱりタイプしっとりタイプの二種類に分かれています。
これは、大人ニキビだけではなく肌の乾燥具合にも関係しているようです。
極端に言ってしまえば、顔の油分が多い方にはさっぱり=B
反対に粉を噴くような乾燥肌にはしっとり=Aという分け方をするべきでしょうか。

しかしこれは一つの目安みたいなものであり、実際どちらを選んでも保湿力にそれほど大きな差はないとのことです。
私は肌がべたつくのが苦手なタイプなので、さっぱりタイプを使用しました。

まずクリアウォッシュ≠使用して洗顔です。

泡がとてもやわらかく、こずらずとも肌に浸透していく感じがしました。
洗い途中、少し泡が目に入ってしまったんですが、特に過剰に痛むということもありませんでした。
(昔市販の洗顔料使用中に泡が目に入って、ものすごい激痛と充血に見舞われたことがありました…;)。

洗いあがりは名称どおりクリア…というか、とてもスッキリしています。
マイルドクリーンパウダーと、和漢植物エキス(保湿成分)配合されているそうですが、しかしやっぱり洗顔後は多少のつっぱり感≠ェありますね。

続いて化粧水クリアローション≠お肌に塗ります。

手で塗ると雑菌が一緒に付いてニキビが悪化してしまう危険性があるので、コットンを使用しました。
付け心地ですが、こちらもとてもスッキリです。付けた直後は少しスースーとしたひんやり感があります。といってもメンソールほど強くないので、むしろ夏場や暑い日などは心地良いくらいの刺激です。

水のうるおいと定着力を増幅させる成分(モイストバリア成分というそうです)を持っているので、化粧水だけでもそれなりの保湿力を発揮してくれるようです。

そしてシメの保湿駅クリアモイスチャー≠一塗り。

こちらはさらさらとした液体ではなく、ほぼジェルのような手触りでした。
ミルクやクリーム系の重さが苦手だったので、ちょうどいい仕様でした。
さらに伸びがとてもいいので、ほんのちょっとでも顔全体にまんべんなくジェルが行きわたります。
匂いもほとんどなく、ニキビの上に塗っても染みることはありませんでした。
そしてこの保湿液を付けて眠ったのですが、次の日の朝も肌はしっとりと濡れたあとのような潤いを保っていました。
この保湿液の持続力は凄いですね。ニキビの腫れも若干引いていました。

さらにこの保湿液は化粧下地にも使用できます。ファンデーションなどのノリもよく、長時間外出しても粉をふくこともなかったので、下地としてもかなり優秀なスキンケア用品です

今回私が使用したのはさっぱりタイプですが、しっとりタイプもありますので、好みや季節に応じて使い分けるといいかもしれません。

シンプルなので使い勝手がとてもよく、また安価なので気兼ねなく使えることもありがたいです。これはリピーターになっちゃう人の気持ちがわかるなあ、と思いました。